システムリフォームのテスト方針  
 ・ 新旧比較テストにより、確実に高い品質を実現する
 ・ 日本一豊富な移行経験による問題箇所の事前把握と集中確認 
 ・ 仕様変更・機能追加部分への徹底的なテスト
テスト方法 画面系半自動言語変換の単体テストを例に説明する   Top
新旧比較テストの効果  Top
格段に高い品質を確実に実現します。
直近5年間全リフォーム案件の品質結果とJUAS標準の比較   Top
 格段に高い品質

  納品後バグ密度(JUAS換算欠陥率)


 対象データ: 2010年1月〜2015年7月に、規模10KL以上、結合試験を実施した全リフォーム案件  
 JUAS換算欠陥率説明: 
  換算欠陥率 =(2*欠陥数_大 + 欠陥数_中 + 0.5*欠陥数_小)/規模(人月)
  規模(人月) :JUAS標準生産性で算出した標準開発人月 (リフォームツール使用で、あまり工数がかからない)
石油資源開発様事例講演(ABC協会共催セミナー2016)  Top
下記の石油資源開発様が説明された事例のように、システム規模が大きくなくても、通常開発より半分以下のコストと開発期間で、 業界標準と桁違うレベルの品質を実現できます。



JALインフォテック様事例講演(ガートナーシンポジウム2015)  Top
下記JAL殿予約・発券システム移行事例のように、450万STEPの大規模システム移行にもかかわらず、納品2ヶ月以上が経ち、 1件も問題が発生していません。