棚卸・スリム化工程の意義  
 ツールで正確に正味資産を見出すことより、スリム化、共通化、開発漏れ防止、不足資産特定を実現します。

 処理フロー、CRUD図の生成より、ある程度の見える化にもなれます。

 移行の前工程だけではなく、見える化、不要ソース削減、共通化、保守性向上等の為に広く利用されています。

棚卸・スリム化・共通化・見える化の工程   Top
当社ツールによる正確な棚卸・スリム化の効果   Top
不要資産削減・不足資産確認・重複資産特定で高い効果を出しています。
お客様による事例発表   Top
JUASスクエア2016
TOTO様

    
日経BP ITモダナイゼーションSummit2016
アイテック阪急阪神様

  
顕著な効果を発揮したことで、高い満足をお持ちいただいています。
棚卸・スリム化の成果物一覧 Top
成果物名称
内訳
備考
棚卸基準書 棚卸分析における基準を示します。
棚卸分析結果 
※お客様要望、
    システムに
    合わせて調整


















棚卸預かり資産サマリー
資産規模調査結果サマリー
静的分析結果サマリー(使用、未使用状況)
どこにも呼ばれないプログラム
動的分析結果サマリー(稼動、未稼働状況)
動いていないプログラム
類似度分析結果サマリー
総資産一覧
正味資産一覧
不足資産一覧
重複資産一覧
対象外資産一覧
未稼働資産一覧
共通化分析一覧
プログラムCRUD図
FILE、DBアクセス関係
プログラム階層図
棚卸・スリム化の成果物のイメージ   Top

棚卸による見える化の例   Top