既存のシステムソースを利用するシステムリフォーム  

システムリフォームの詳細イメージ   Top
通常開発と比べ、理想的なソリューション   Top


 新規開発に比べたリフォーム手法の特徴  
 @要件定義: 変更箇所を中心に実施することで、大幅な簡略化  
 A設計(ASIS): 機能漏れがなく、殆どの設計作業は不要  
 B設計(TOBE): 改善要望だけを提示されれば、高品質と低コストで実施  
 C開発: 大半の機能はツールで自動変換し、格段に高い品質と低コストを実現  
 Dテスト: 大半の機能は比較テストにより、格段に高品質と低コストを実現  
300回以上の移行で利用されたツール群   Top
確実なシステム構築をしたいならシステムリフォーム   Top
 格段に高い品質

  納品後バグ密度(JUAS換算欠陥率)


 対象データ: 2010年1月〜2015年7月に、規模10KL以上、結合試験を実施した全リフォーム案件  
 JUAS換算欠陥率説明: 
   換算欠陥率 = (2*欠陥数_大 + 欠陥数_中 + 0.5*欠陥数_小)/規模(人月) 
   規模(人月): JUAS標準生産性で算出した標準開発人月 (リフォームツール使用で、あまり工数がかからない) 
ITコストを抑えたいならシステムリフォーム   Top
 格段に低い開発コスト



 対象データ: 2010年1月〜2015年7月に、規模10KL以上、結合試験を実施した全リフォーム案件  

低コストの上に、仕様決定等のユーザー負担やリスクが少ない