セキュリティポリシー
株式会社ソフトロード(以下、「当社」という)は、情報漏えいリスクに対し抜本的な対策を講じることにより、社会から名実ともに高く評価して頂きたいと考えております。

そのため、情報セキュリティを企業の基本的な文化とする目的で、その方針を明文化した「情報セキュリティポリシー」を策定しました。

今後は【ISO/IEC 27001】に基づいた「情報セキュリティポリシー」および別掲の「個人情報保護のための行動指針(プライバシーポリシー)」を遵守し、高度な情報セキュリティ管理体制を維持していくことに努めます。

なお、当ポリシーが対象とする「情報資産」とは、当社の企業活動において入手および知り得た情報、および当社が業務上保有するすべての情報とし、この情報資産の取扱いおよび管理に携わる当社の「役員、社員等」が遵守することとします。

情報セキュリティポリシーの運用

1. 情報セキュリティ管理体制の構築
当社が保有する全ての情報資産の保護に努め、契約に基づく情報セキュリティ義務のみならず、法令その他の規範を遵守することにより、社会からの信頼を常に得られるよう、確実な情報セキュリティ管理体制を構築していきます。
 
2. 「情報セキュリティ管理責任者」の配置
「情報セキュリティ管理責任者」を設置するとともに、情報セキュリティ委員会を組織します。
これにより全社レベルの情報セキュリティの状況を正確に把握し、必要な対策を迅速に実施できるよう積極的な活動を行います。
 
3. 情報セキュリティに関する内部規程の整備
情報セキュリティポリシーに基づいた情報資産の管理及び運用に関する内部規程を整備し、個人情報だけではなく、情報資産全般の取扱いについて明確な方針を示すとともに、情報漏えい等に対しては、厳しい態度で臨むことを社内外に周知徹底します。
 
4. 監査体制の整備・充実
情報セキュリティポリシーおよび規程、ルール等への準拠性に対する監査を実施できる体制を整備してまいります。監査を計画的に実施することにより、全社員がセキュリティポリシーを遵守していることを証明します。
また、より技術的な観点、及び客観的な観点から外部専門機関による監査を実施します。
 
5. 情報セキュリティ対策を徹底したシステムの実現
情報資産に対する不正な侵入、漏えい、改ざん、紛失、破壊、利用妨害等が発生しないよう、徹底した対策を反映したシステムを実現していきます。
対策としては高セキュリティエリアでの作業、DBアクセス権の制限等、データへのアクセスを徹底的にコントロールする考え方で臨みます。
 
6. 情報セキュリティリテラシーの向上
全社員にセキュリティ教育・訓練を徹底し、当社の情報資産に関わる全員が、情報セキュリティリテラシーを持って業務を遂行できるようにします。
また、状況の変化に対応できるよう、教育・訓練を継続して行っていきます。
 
平成21年4月13日
株式会社ソフトロード
代表取締役社長
劉 忱

■環境方針

環境保全活動に積極的に取り組み、環境保全活動を通じて多くの人々から尊敬される企業を目指すとともに、以下の項目について重点的に取り組んでまいります。

 1.環境を配慮したシステムの提供
  お客さまに、環境に配慮したシステムをお届けします。

 2.汚染の防止
  有害化学物質の使用に配慮して、汚染防止に努めます。

 4.グリーン調達
  商品の購入段階から、環境負荷の少ない製品・サービスを優先して調達します。

 5.業務の効率化
  省資源・省エネルギー・リサイクル・効率的物流・効率的業務の推進など、業務の効率化に取り組み環境保全活動を推進します。

 6.法令等の順守
  環境に関連して適用する法令、及び、その他同意する要求事項を守ります。

 7.教育
  社員一人ひとりの環境意識を高めるため、教育・啓発を行います。

■環境目標の設定と活動内容

 ソフトロードでは地球環境の維持・向上に向けて、以下環境目標を設定し、達成の為に活動しています。

行動指針 目標および目標値 達成のための活動
法規制の遵守 環境法令に関する違反防止 関係法令を、必要に応じ関係部門へ展開
省エネルギー・
省資源の推進
年間電力使用量の削減 各部門/各従業員の節電促進手段として「環境推進チェック」を展開
年間紙使用量の削減 定期的な紙消費量確認。注意喚起を行う。
環境汚染の予防・
環境改善の継続
環境汚染に関するトラブル防止 汚染等リスクの管理
環境に配慮した
事業推進
部門環境目標策定・チェック推進活動の実施 内部監査による実施確認
環境方針周知と開示 対象全従業員への認知・周知 対象部門への定期的な認知促進など